ラーメン二郎 野猿 大つけ麺辛い奴3倍ねぎニンニク

f:id:DAEG26:20190612211540j:image
天気が落ち着かないので念のため車で向かうは野猿街道店2。

19:00到着。車8バイク1。

通路を通り券売機へ。
f:id:DAEG26:20190612212227j:image
大つけ麺、辛い奴2枚、ねぎの食券を買い求めウェイティングシートNO.7へ。
f:id:DAEG26:20190612212108j:image
すぐに確認に来たエースさんに食券を託し、前ロットがゴソッと退店しカウンター3番目に着席。高台に半券を供え茹で上がりを待ちます。

厨房内は店主さん、エースさん、バイトさん1名の3名体制。

エースさん麺上げ、冷水にてしめられた麺丼が先に到着。
f:id:DAEG26:20190612213250j:image
つけ麺は先につけ汁が来ると思っていましたが、そうとは限らないようですね。

何しろつけ麺を頼むのは3年ぶり2回目の素人でして。

その後、バイトさんからニンニク入れますか?
f:id:DAEG26:20190612214226j:image

つけ汁丼も着丼。
f:id:DAEG26:20190612214303j:image

「大つけ麺辛い奴3倍ねぎニンニク」

普段は頼まないつけ麺にした目的は辛い奴スープにしっかりヤサイを浸したいがためです。

その目的は果たされ、ヤサイとねぎをより美味しく食べられ、豚にも辛味がつき一石二鳥でした。

ちなみに豚はプルプル柔らかスライス1、端2。せっかくなので全て真っ赤なスープに沈めていただきました。

3分の1ほどヤサイを残し麺へ。

こちらもいつもと違い麺をひっくり返す必要がありません。大丼(白野猿ドクロ)いっぱいに冷水でしめられた麺が盛られています。

麺をとり辛い奴スープにつけて一口。辛味がついたプリパツ麺が美味しいのですか…量が多いこともあり、食べるの面倒くさいです。

最後につけこんでおいた残りのヤサイをクリアし、ごちそうさま。
f:id:DAEG26:20190612220817j:image

やはり次回から通常のラーメンに戻すことになりそうです。

ただ食わず嫌いでなく、色々試してみての結果なのでオーライかと。

本日も大変美味しゅうございました!