ラーメン二郎 野猿 大ラーメンねぎニンニク少なめ

f:id:DAEG26:20190530215413j:image
日中の暑さも和らいだ夕暮れ、アドレス110に乗り込み向かうは野猿街道店2。

諸事情により普段より早く終業し、20:00少し前に到着。駐車場は車9バイク2。

すっかり春の初心者団体祭りは落ち着いた模様です。

通路を通り入店と同時にエースさんと目が合いご挨拶(^-^)

券売機で大ラーメンとねぎの食券を買い求め、少しの気持ちを募金箱へチャリん!
f:id:DAEG26:20190530215431j:image

外並び2人目に接続。
f:id:DAEG26:20190530215446j:image
すぐにウェイティングシートNO.8へ。NO.6で浜さんに食券を託し、ほぼそのままカウンター11番目に着席。高台に半券を供え茹で上がりを待ちます。

厨房の中には店主さん、エースさん、浜さんの3名。

奥に積み重ねてあるラショ丼やすり鉢が動いていないのを確認し、一安心。

程なく浜さん麺上げ、エースさんからニンニク入れますか?
f:id:DAEG26:20190530213704j:image

「大ラーメンねぎニンニク少なめ」

エースさんオペにて着丼。

卓上FZをかけたヤサイから参ります。

いつも思いますが卓上FZがある店舗でカラメコールをする方の意図がわかりません。言ってみたいだけなんでしょうか?

などと考えながらヤサイ山脈を攻めていると、あっさりと麺に行き当たりました。

というか前の方たちのオペ中、エースさんがちょいちょい他の丼から麺を寄せ集めているのが見えていましたが、やはり私の丼だったようです。

あわてて残り少ないヤサイと豚にトウガラシでメイク。
f:id:DAEG26:20190530215554j:image

豚は分厚いスライス2。

辛味がついたヤサイと一緒にやっつけ、その勢いで上下反転くるりんパッ!
f:id:DAEG26:20190530215725j:image

表面張力のごとく麺が丼から盛り上がっております。目算で小ラーメン2玉弱ほど。

麺だけでお隣のプチヤサイの標高を上回っております。そしてビビるより沢山食べられる喜びを感じる私は完全に野猿信者です。

本日はスープの吸い込みが良いデロ気味麺。プリパツ好きとしては少々さみしいですが、それをカバーするゴロゴロアブラ入り激ショッパスープ。

気がつけば完食。
f:id:DAEG26:20190530220758j:image

スープも残り僅かでしたが、わりとニンニクが溶け込んでしまった為、自粛。

丼を高台に返しつつ、店主さんとエースさんにごちそうさまをして退店しました。

本日も大変美味しゅうございました!