ラーメン二郎 三田本店 麺増しニンニクカラメ

f:id:DAEG26:20190508231651j:image
本日は総帥の麺増しをいただくべく、ZRX1200DAEGに乗り込み三田本店へGO!

5:00起床、6:00出発w

他の予定が詰まっていたため開店直後を狙います。八王子インターから高井戸まで高速、そこから時間調整も兼ねて下道です。

世紀の大型連休明けの平日でしたので世紀の渋滞か?の予想を裏切り、7:50に順調に到着。常連さんらしき先客が1人。2人目に接続し、文庫本を読みながら待ちます。
f:id:DAEG26:20190509091322j:image

看板がリニューアルされていますね。前回お邪魔した2月までは昔ながらの幌でしが、平面的なプレートタイプになっていました。

シャッターは閉まっていますが、中から総帥の楽しそうなイーヒヒが聞こえてきます。

このまま総帥麺上げからオペであるように祈りましょう。

8:20お弟子さんがファーストロットに向けて麺量確認。麺増しをお願いしました。

実際は直前まで、食べきれるだろうか?と自問自答し続け普通の大ラーメンにしようか迷いがありました。

麺多めの直系(野猿、桜台、亀戸等)で大ラーメンを残したことはありませんが、ネットで画像を見ると躊躇してしまいます。

ただその中にヒントが。確かに麺とヤサイ入りスープが別丼で提供されますが、丼は通常と同じもののようです。

本店のそこまで大きくない丼であればいけるだろうと判断しました。

8:30定刻にシャッターが開き開店。大ラーメンの食券を買い、カウンターど真ん中の麺増し席に着席。高台にはすでに噂のタオルが敷かれております。

ここで予習していた内容の勘違いに気がつきます。麺増し席は左(スープ鍋側)突き当たりかと思っていましたが、狭くて一番座りにくいど真ん中でした。溢れるスープのラーメンを最短距離で配膳するためでしょうか。

すでに麺量は申告済みのため、入店と同時に麺は茹で上がりPPの常連さんがコール。

それに続き私も助手さんから麺増しの方はニンニク入れますか?
f:id:DAEG26:20190509162119j:image

こちらがスープ丼
f:id:DAEG26:20190509162132j:image
こちらが麺丼
「大ラーメン麺増しニンニクカラメ」

総帥からタオルごとおろして下さい、それ(カウンターを拭く用)も使っていいですよ。と、ご配慮まで(^o^)

ではいよいよ、いただきます!

まずは麺の上にあるヤサイから。冷えクタがたまりません。ヤサイは本店が一番好きです。コールはしていませんが、いつもより多い気がします。麺増しだからでしょうか?

豚ダシしっかり、やさしい醤油、表層の液アブラと二郎のお手本(当たり前)のような神スープに浸し、一気にクリア。

次はスープ丼のヤサイと豚へ。ニンニクとカラメはこちらに。茹で加減は同じですが、味付けが変わり先ほどのヤサイとは全く別物。得した気分です。豚はやっぱり本店のは旨いな〜としみじみ思えるものが2枚。厚みもしっかり。

麺に集中するため、いつも通りヤサイと豚を全部食べたところ。
f:id:DAEG26:20190509092116j:image

食べやすくするため、ほぐしながら上下反転くるりんパッ!

f:id:DAEG26:20190509092156j:image

こちらの麺丼は全世界の二郎の基準となる、本店ノーマルスープ仕様。

小麦が薫る中太、茹で加減は若干硬めの麺。

せっかくなので、そのまま食べたり、カラメのスープ丼でつけ麺風にしてみたり楽しんでいるうちに無事完食。
f:id:DAEG26:20190509152443j:image

左のカラメは明らかに色が違いますね。

総帥と助手さんにごちそうさまを伝え退店しました。

本店の麺増しはあくまでサービスであり、総帥のお気持ちをいただくものだと実感した一杯でした!

本日も大変美味しゅうございました!