ラーメン二郎 野猿 大ラーメンねぎニンニク少なめ

f:id:DAEG26:20190421000601j:image
この時期の土曜の夜…嫌な予感しかしませんが野猿街道店2へ向かいます。

年間100日以上は通っている道ですが、今までになく信号の噛み合わせが良く通常より10分ほど早く駐車場に到着。

車11台バイク6台。この時点ではいたって普
通ですが…通路を通り券売機へ。

やはり自転車の方まで列が延びています。

覚悟はして来ましたが、いざ目の当たりにすると(´・ω・`)

気を取り直して大ラーメンとねぎの食券を買い求め、少しの気持ちを募金箱へチャリん!
f:id:DAEG26:20190421000715j:image

外並び30人目ぐらい?(野猿は中待ち8席なので実質40人近く待ち)に接続します。
f:id:DAEG26:20190421000729j:image

まぁ野猿なので30分もすればウェイティングシートに座れるでしょう。食券を買う際にエースさんの姿も見えましたし。

外から厨房を覗くと店主さん、エースさん、COOLさん、新人バイトさん3名の6名体制。

野猿未体験の方は王将、飛車、角(この3枚は成)、歩が3枚みたいな布陣をイメージして下さればと。

予想通り26分後にはウェイティングシートNO.5へ。さすが超早い!爆速!!

NO.1でCOOLさんに食券を託し、カウンター4番目に着席。半券を高台に供え茹で上がりを待ちます。

ちょうど目の前にある食洗機の使い方やコツをエースさんが新人さんに丁寧に教えています。今回の新人さんはみんな良い子らしいです(^-^)

茹で上がりのタイミングを見て新人さんの一人が大ラーメンの方はニンニク入れますか?
f:id:DAEG26:20190421005117j:image

「大ラーメンねぎニンニク少なめ」

COOLさん麺上げ、店主さんオペにて着丼。いただきます!

エースさんが来るかな?と思いヤサイコールは控えましたが、新人さんへの指導中でセーフw

普段はヤサイ崩しからですが、今日はなんとなく気になったスープを一口。美味しい!

乳化させた豚スープと化調、FZたっぷりの激しょっぱさが合わさり、数ある二郎でもここでしか味わえない唯一無二のスープ!更にニンニクと合わさった部分の美味しさはこの世のものとは思えません。

通える距離(片道20キロ)に住んでて良かったと思える瞬間です。

続けて卓上FZをかけたヤサイへ。コールしていないので楽勝。

お次は豚。大判スライス2と端。端は脂身がついたトロける野猿仕様。あまりの美味しさに思い出しただけでもニヤけてしまいます。

と、ヤサイと豚が無くなってしまわぬ内にトウガラシをフリフリ。
f:id:DAEG26:20190421011026j:image

カウンター調味料であるトウガラシ入れに一つだけ穴が大きいものがあります。慣れないと見分けがつきませんので、少しだけフリフリしたい方はご注意下さい。ドバッと出てきます。

私はいっぱいかけたいので個人的には当たるとラッキーです。

さらりと具材が無くなるころ、エースさんがラーメンをがっついている私の横に来て、いつものスマイルで帰ります…とw

どうやら21時上がりの予定が、あまりの客数と新人さん教育で22時すぎまで残業になってしまったらしいです。ご苦労様です(^-^)

さあ、私もメインの麺タイムです。まずは準備として麺の上下を入れ替えましょう。くるりんパッ!
f:id:DAEG26:20190421012234j:image

やはり慣れていない助手さんとは違いCOOLな盛り!

気持ちプニ気味ですがデロではない野猿麺。ゴロゴロアブラと一緒にすすっていきます。

同ロットのお隣プチと同着で完食。
f:id:DAEG26:20190421012901j:image

この後も名残惜しくスープを飲んでいましたが、アブラを全部いってしまうと翌日以降が色々と大変になるので完飲は控えました。

バイトさんにごちそうさまを伝え退店しました。

駐車場で帰り支度をしていると、ちょうど帰ろうとするエースさんと鉢合わせ。

雑談と、今さら自己紹介wをしてお互い帰路につきました。

本日も大変美味しゅうございました!