ラーメン二郎 野猿 大ラーメンねぎ辛い奴ニンニク


f:id:DAEG26:20181114125425j:image

昨夜は休み前のニンニクチャンスデーでしたが別件で来られなかった為、野猿街道店2へお邪魔しにアドレス110で向かいます!

あ、その前に髪を切りにいつもの床屋さんへ行くと閉店時間が20時から19時になるとのアナウンス。

人手不足?働き方改革?野猿も30分ほど閉店時間が早まりましたので時代の流れなんでしょう。私としてはダッシュする回数が増えるだけですw

平日の昼の部10:55到着でシャッターが半分しまっている入場前。
f:id:DAEG26:20181114131044j:image
食券を買おうと店内へ入ると店主さん、coolさん、バイトさん1名の3名が開店前のリラックスした感じでいらっしゃいました。

券売機で定番の大ラーメンとねぎの食券を買い求め、少しの気持ちを募金箱へチャリん。
f:id:DAEG26:20181114131031j:image

並びは10人少しかな?これだけギリギリに来ておきながらセカンドロットには入れそうです。

11:00シャッターが開き入場開始!奥のカウンターから埋まります。私はコーナーから3番目、ウェイティングシートNO.4の前あたり、店主さんの目の前でした。カウンター上に食券を置き文庫本を読みながら待ちます。

ファーストロットの配膳が済み、セカンドのオーダー確認が始まります。少々迷いましたが寒さ対策に辛い奴をお願いしました。

FZ、グル、スープ、辛い奴が入った丼に店主さんの鮮やかな麺上げ!大の方〜?コールいかせていただきます!
f:id:DAEG26:20181114125425j:image

「大ラーメン辛い奴ねぎニンニク」

※何もマシていません。

店主さんオペの完璧なフォルム!いただきます!

いつもは卓上のFZでセルフカラメにしますが、本日は辛い奴ですのでつけ汁風にしてヤサイを食べて行きます。

念のため申し上げますと二郎共通の「カラメ」と野猿の「辛い奴」は全く異なります。前者は専用醤油ダレをかけて味を濃くするトッピングですが、後者はスープに予め辛味を入れ、正に辛い味になるものです。

激辛ではありませんので、少し辛いもの好きであればチャレンジしてみては?。ちなみに無料!でも募金は歓迎しているはずですw

つけ汁風とは言うものの、盛りが凄くてつけるスペースがありませんw

無理矢理スキマにヤサイを突っ込みムシャムシャ、標高が下がったところで豚NO.1へ。ウデ肉?脂身がなくマッチョですが柔らか旨いもの。ニンニクが入ったスープも一緒にすると美味しさが倍増!次の豚NO.2はジューシーな脂身たっぷりタイプ。プルプル柔らか味もしっかり旨い!

残る具材はヤサイ少々、ねぎ、豚NO.3。ここで辛い奴なのにも関わらず更にトウガラシを振りかけます。
f:id:DAEG26:20181114183552j:image

辛いものと野猿が大好きな私にとっては寿司やステーキよりも価値ある食べ物です。

ただし口の回りが真っ赤になってしまい恥ずかしいので、必死に拭きながら食べなければいけませんw

ほとんどの具が無くなると、麺のお時間がやってまいります。

凶暴野猿スープと辛い奴を吸い込んだ下の方とまだ白い上の方を入れ替えます。くるりんパッ!
f:id:DAEG26:20181114185358j:image

すでにヤサイはありませんのでオール麺です。大丼いっぱいの麺です。喜びです。

味がしっかりしみたプリパツ麺を無心ですすります。安定の旨さに辛さがプラスされブーストがかかります。

これだけ美味しい辛い奴にも一つだけ問題が。トウガラシで良くなった血流が代謝を高め汗が止まりませんw

そこまで汗っかきではない私ですが、丼に滴りそうになる汗をハンドタオルで拭きながら先を急ぎます。
f:id:DAEG26:20181114190640j:image

美味しく完食。ごちそうさまでした!

ほとんどスープも残っていませんでしたが、完飲は我慢しました。本日はラッキードクロちゃんはお留守のようです。

丼をカウンターに上げ、店主さんにごちそうさまを言って帰ります。

調整しながらとはいえニンニクを食べたのでドラッグストアで消臭用に牛乳1リットルを買い、ドリンクホルダーに差して帰路につきます。
f:id:DAEG26:20181114191403j:image

これは牛乳に限らずですがバイクのドリンクホルダーにキャップの閉まらない飲み物を入れ、段差を通ると派手に吹き出します。水やコーラなら目立ちませんが、牛乳はめっちゃ目立ちますw

当たり前ですが、けっこうやってしまいがちですので皆様もお気をつけ下さい。

あ、ジロリアン陸ポスターは写真撮り忘れたので次回にします。

本日も大変美味しゅうございました!