ラーメン二郎 野猿街道店2 大ラーメンネギそのまま


f:id:DAEG26:20181013001116j:image
いやいや、驚きました!21:25に駐車場へ到着したらメチャクチャ明るいライトが消えてるではありませんか。停まっている車の台数も多かったので麺切れか?と思いつつ、念のため入口へ周ります。すると奇跡が!普通にやってましたw
f:id:DAEG26:20181012213640j:image

話しは前後しまして本日はアドレス110で野猿街道店2へ参りましたが、いや寒いこと。肌着+ワイシャツ+ヤッケではツラい季節ですね。でも心も体も暖めてくれる旨いラーメンを目指し頑張りました。その甲斐あって間に合ったと信じたい今日この頃です。

ホッとしつつ無事に脳内オーダーで決めていた大ラーメンとネギの食券を買い求めます。
f:id:DAEG26:20181012214023j:image

厨房は店主さん、エースさん、バイトさん2名の4名さんでした。15人程の並びに接続。10分もせずに、あれよあれよと列が進み、入口前でエースさんに食券を託します。そのまま前の方たちが食べ終わるタイミングに当たりウエイティングシートに座ることなくカウンターへ着席。

席はウエイティングシート7の前あたり、カウンター端から2番目、スープの寸胴とオペが良く見える位置です。今日も巨大な寸胴の中は表面に浮いているアブラの固まりを押し退けてグツグツと煮たっております。旨そ〜!

そして前回に続き、前ロットの小ラーメンを食べているお隣さんがフリーズ寸前です。麺はありませんが豚の欠片が残っています。もう少し!頑張れ!と心の中で応援していると何とか頬張り完食。何故かこちらがホッとします。そうしていると、流石の早さ店主さんより大ネギの方〜?コールタイムです!
f:id:DAEG26:20181013001116j:image

「大ラーメンネギそのまま」

写真を撮ろうとカメラを構えるとネギが入りきらず、あわてて引いてなんとか収めました。ヤサイコールはしていませんがネギにより標高がマシています。

明日も仕事の為、ニンニクを控えざるを得ません。もちろん無くても美味しいのですが、あると別の次元に到達するアイテムです。少し寂しいですが次回のチャンスを待ちましょう。ヤサイとアブラはノーコールでも十分、カラメは卓上にあるFZを好みの量で回しかけ、いただきます!

まずはホクホクのヤサイから。いつも一定の茹で加減でシャキとクタの中間、これぞ二郎のヤサイ。FZと合わさりご飯のおかずにもなりそうな美味しさ。少し標高が下がったところで豚もつまみます。厚切り2枚とほぐし少々、しっかり味で柔らか過ぎない旨い豚。ヤサイの歯ごたえと豚のもっちり感で1枚目を楽しみ、2枚目は卓上Aマークのトウガラシで赤く染めます。
f:id:DAEG26:20181013003220j:image

豚には両面、ほぐしにもたっぷりと振りかけ、ネギと共にいただきます。画像にもあるようにド乳化骨密度高めスープとの相性も抜群ですのでスープもゴクゴク飲んでしまいます。その後、具が終わり、麺の上下を入れ替え、その下に潜んでいるアブラも引っ張り出します。
f:id:DAEG26:20181013003840j:image

鈍い光を放つこの野猿麺…画像では伝わりにくく、現物もそんなに多いかな?と思えるビジュアルです。パッと見、小ヤサイのほうが大きく見えますし。ま、冷静に見てみると何の具も無しに丼いっぱい麺が入っているだけでもヤバい感じですね。もう色々な意味で麻痺してわかりませんw

お、その間に右のお隣さんが入れ替りましたよ。大学生風のお兄さんです。オーダーは大ラーメン。店主さんからラーメンを受け取り食べ始めた直後、明らかにレンゲを探す動きを始めますw離れた席の友人に聞こうとしていたので教えて差し上げると、水も一緒にゲットして席に戻って来ました。と、言うことは初めてなのに大ラーメンオーダーしちゃった系でしょうか?

大丈夫かなぁ、勢いは良かったので時間をかけるとやられる事はご存知かも知れません。他の店舗では常連かも?確かに桜台や新新小金井も麺量は多いですが野猿の大はパワーが桁違いです。もちろん旨さもハイレベルですから、気がつくとこんな感じです。
f:id:DAEG26:20181013011139j:image

ご馳走さまでした。

ロットがずれていたので最後まで見届けることは出来ませんでしたが、お兄さんは完食できたのでしょうか?勝手に心配していますw

バイクがあまりにも寒いので、帰りはヤッケの下にスーツの上着を着て防寒しました。明日からはバイク用の冬ウェアを着てきます。

皆様も体調管理にお勤め下さい。

本日も大変美味しゅうございました!