ラーメン二郎 野猿街道店2 大ラーメンネギニンニク少なめ

日中は多少暑さも感じますが、過ごしやすい気候ですね。

そんな中、本日も野猿街道店2へ向かいます!天気予報はしばらく晴れ時々曇りでしたのでアドレス110でトコトコ参ります。

と、ここで新発見!「曇り」という漢字。本当にお恥ずかしながら「雲り」だと思っておりました。40年以上生きてきておりますが、こんな発見は久しぶりです。

さて、恥を晒したところで更に追い討ち、雨が降って来ました。何が困るって仕事帰りのためスーツが濡れてしまうことです。幸い小雨ですぐに到着したため被害はほとんどありませんでした。
f:id:DAEG26:20181009220535j:image

店外並びは無し、本日の厨房は店主さん、エースさん、バイトさん1名の3名でした。券売機で道すがら脳内オーダーで決めていた大ラーメンとネギのボタンをポチります。その流れで少しの気持ちを募金箱へチャリん。店内最後尾のウエイティングシートNO.8へ着席。

その間にもお客様が続々来店しますが本日は初心者さんが多いようです。券売機前には2人まで、食券を買ってから並ぶ、ウエイティングシートを詰めるなどエースさんが何度も注意していました。そういうシーズンなのでしょうか?

そんな野猿アルアルな光景を見ていると列も進み、カウンター席が空きだしました。エースさんからすり鉢前の隅っこ席への案内を受けて着席し、店主さんに食券を託します。

麺が茹で上がるまで再び携帯をいじっていると隣の学生さんがプチ丼に少し豚が残っている状態でフリーズしていました。もう少しだから頑張れ!と心の中で応援しましたが、蚊の鳴くような声で店主さんに謝りギブアップしてしまいました。オペ中で聞こえない様子でしたがwその後、約10分で店主さんから大ラーメンの方?のコールタイム到来です!
f:id:DAEG26:20181010001332j:image

「大ラーメンネギニンニク少なめ」

そのまま店主さんオペにて完成されたラーメンの降臨です!

しかも珍しく隣の席についたお兄さんも大ラーメンでした。以外と大ラーメン頼む方って少ないんですよね。しかもお隣さん。ここは一丁、大人の貫禄を見せるためにロットバトルか?と内心思いつつ卓上FZでセルフカラメにして、いただきます!

ネギの下にあるヤサイから参ります。ちょうどいい茹で加減とFZの旨みでペロッと無なり、すぐにネギと豚の順番が回ってきます。こちらもいつも通り1枚目はネギと豚のハーモニーを楽しみ、2枚目はトウガラシで鮮やかに彩ります。
f:id:DAEG26:20181010041902j:image

肉感はしっかりしていますが、けっしてパサではない二郎の豚。味付けも濃すぎず、ちょうど良い感じ。脂身部分はまるでバター、そして何よりデカイ!

ふと隣を見ると端豚が…羨ましくなんか…ありますwまぁそこは運の要素が高いので引きが弱い私はなれています。

負け惜しみしながらも食べるペースを落とす訳には行きません。ヤサイ、ネギ、豚を楽しみ終わり、いよいよ麺様の登場です!
f:id:DAEG26:20181010042705j:image

具を楽しんでいる間に野猿パワフルスープを吸い込んで美味しくなった麺を上下入れ替えます。茶褐色に輝くプリパツ野猿麺!中太ストレート長さ普通。スープはド乳化ながら味味付けは薄めでした。荻窪店のミルキーとはまた違った食感ですので未体験の片も是非チャレンジしてみて下さい。来客数の多さが納得できると思います。

それでは麺タイム(とは言ってもただひたすら麺のみを啜るだけです。スミマセン。)スタートです!時々卓上FZを拝借して味を調整し、プリパツの山を切り崩していきます。

さてここで話しはお隣のお兄さんに移ります。そうです、大ラーメンをオーダーしたお兄さんです。そのまさかですwまたもや野猿アルアルですがピタッと箸が止まり、頻繁に冷水機へ水を汲みに行きだします。そしてどこかを見つめ出すwいわゆるフリーズ状態Death!

本当に限界だったのでしょう、目の前でオペ中の店主さんに残す場合はどうなるのかを聞いていました。ある意味よく聞けると思いました。私ならあのオーラを纏った店主さんに聞くぐらいなら死ね気で食べきる方を選びますwf:id:DAEG26:20181010050046j:image

参考画像

食券を買う前にも券売機上に麺量が多いので注意と書いてありますし、大ラーメンボタンは「初めてのかた大ラーメン禁止ボタン」に囲まれて非常に押しにくくなっています。それでもやってしまう…おしおきは免れないですね。

 

すると奥から黒ずくめのゴツイ男3人がお兄さんを連れ別室へ…な訳はありませんが謝りながら帰って行きました。ちなみにほとんど麺が減っていませんでした。あれほど残しは見たことありません。もったいない!

また、店主さんが何と言ったかは聞き取れませんでした。まぁ謝ってましたし、変に粘られて回転の妨げになるよりも良しとなったと思います。本当にそれ以上食べられないでしょうし。
f:id:DAEG26:20181010052022j:image

もちろん私は全部いただきました。ご馳走さまです!危うく完飲でしたが一応控えます。こんなに少し残しても変わらない気もしますが。

本日も大変美味しゅうございました!